2008年06月22日

キャンドルナイト

21日は全国キャンドルナイトの日でした。
電灯を消してろうそくの炎の元で、地球環境について考えてみようというものです。日頃、何げに無駄に使っている電気ですが、この電気が使えなくなるようなことになったらどんなに不便で大変か?昔の人はどうやって生活していたのか?
夜8時になったらろうそくに火を灯し、電灯とテレビを消しました。

8113.jpg

ろうそくの灯りのもとで入るお風呂...なんかキャンプで露天風呂に入っている気分です。

お風呂から上がって、家族団らんのひととき
暗闇の中のるるさん顔(イヒヒ)
どこだ〜顔(汗)

8109.jpg

ここだよ〜犬(笑)

8110.jpg

ろうそくの光を眺めると、気分がほんわかするね。

8111.jpg


ニックネーム るる at 07:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャンドル
素敵ですね。
お子さんの何気ないお顔も素敵!
Posted by ダーツ at 2008年06月22日 07:43
こんにちは。お変わりありませんか?

ろうそくの灯って本当に心が和らぎますよね。アロマセラピーで
バーナーを使うことがあるのですが、個人的には電気式よりも
キャンドル式の方が好きです。香りとともに、壁に揺らめく
火の影にも癒してもらえます。

それにしても、日本は明るすぎるように感じます。こういう
イベントを通して日常生活を省み、自然や環境にも、そして
本来の人間の体にも優しい生活について考えたいと思います。
Posted by Sayaka at 2008年06月22日 13:45
>ダーツさん
コメントありがとうございます。

>Sayakaさん
ゆらめく炎はそれだけでも飽きたらず眺めてしまいます。
ロウソクもそうですが、キャンプでする焚き火は尚更です。
大人はついつい雰囲気やお酒でごまかされてしまいますが、環境問題について子供と話し合う良い機会となりました。
Posted by るるパパ at 2008年06月23日 06:58