2008年03月25日

犬と私の10の約束

先日、「犬と私の10の約束」という映画を家族で見に行きました。
どんな映画かというと
http://www.inu10.jp/
動物と子役には勝てませんね。つい泣いてしまいました。
でもね、泣く場面は皆とは少し違っていたかも...主役(助演?)の女の子と自分の娘の姿がオーバーラップして、豊川悦司の立場で泣いていました。もうやだ〜(悲しい顔)
改めて、10の約束を掲載すると
1.私と気長につきあってください。
2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.私にも心があることを忘れないでください。
4.言うことを聞かない時は、理由があります。
5.私にたくさん話しかけてください。
  人の言葉はわからないけど、わかっています。
6.私をたたかないで。
  本気になったら私の方が強いことを忘れないでください。
7.私が年をとっても、仲良くしてください。
8.あなたには学校もあるし、友達もいます。
  でも、私にはあなたしかいません。
9.私は10年くらいしか生きられません。
  だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10. 私が死ぬ時、お願いです。そばにいてください。
  そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。
(原典:犬の十戒)

映画や約束を見て、我々飼い主は、自分に自信を持ってワンコと接しなければいけないと感じました。
ワンコは心から飼い主を信頼しようとしているのです。信頼に応えるためにはワンコの気持ちをしっかり受けとめる自信を持たなければいけません。
例え間違った自信でも、ワンコはきっと何も言わずに受け入れてくれるはず。(改めるべき事は遠回りをしても改めなければいけませんが)
だって、ワンコは人間が余りにも弱くて頼りないから、神様が人間を助けるために創り賜うた生き物なんですから。
犬と暮らし始めてまだ3年。約束は守れているのかな?信頼されているのかな?
確かなことは、小さな体から溢れる大きな慈愛で家族全員毎日癒され、元気づけられている事実。るるが我が家に来てくれたことに感謝。

profile2.JPG

ニックネーム るる at 06:12| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする